木賊峠(とくさとうげ) 1580m (1978.10.22、2007.7.28)   地図 2.5万図

山梨県北杜市須玉町小尾−甲府市御岳町
山梨県北杜市須玉町小尾と甲府市御岳町の間にある峠。初めて行った1978年当時はすべてダート路面だった。

信濃川上から信州峠を越えて峨々たる瑞牆山(みずがきやま)を眺めながら増富ラジウム鉱泉に投宿。増富ラジウム鉱泉から登り、写真の分岐を経て木賊峠へ。
増富温泉・金山平との分岐点


この写真も1978年当時のもの。木賊峠間近から瑞牆山や金峰山をバックに写したものである。
瑞牆山から金峰山をバックに写した


木賊峠 峠に到着。峠には写真のような看板があった。

峠からは甲府盆地・昇仙峡へと豪快なダウンヒル。私はこの下りでガレ石に前輪をとられて倒立前転をやらかした。背中から石だらけの路面にバッタリと叩き付けられた。痛いのは当然だが、まるで無傷だったのは不思議、不思議??? 転ぶときは素直に転がった方が良いようである (^^ゞ

最近地図で点検していたところ、甲府までの下りで長窪峠観音峠があったことに気づき儲かったとほくそ笑んでいた。それでも両峠の写真がないのが苦になっていたので、あらためて写真をゲットしに観音峠側から登った。
1978年当時の木賊峠



観音峠・長窪峠経由で木賊峠に到着した。 峠は舗装もされて昔の面影はまるでなくなっていた。
峠の看板はなく、かろうじてあるのはこんな看板くらいだ(ー_ー)
峠から昇仙峡方面へ下る。こちらは池の平林道となる。 御岳林道との合流点



峠コレクションへ | 焼山峠へ