白川街道(しらかわかいどう) 更新 2004.7.2

地図
・・ 白川街道は郡上八幡を起点とし、白鳥(しろとり)から蛭ヶ野高原を越え、荘川から庄川沿いに北上、世界遺産の白川郷から越中の国、赤尾(富山県南砺市西赤尾町へ通じる道である。
(岐阜県教育委員会「歴史の道 調査報告書」より)

国道156号線の旧道のうち、岐阜から郡上八幡までが郡上街道
(正確には石徹白までを含んでいたらしい)で、そこから赤尾までが白川街道というわけである。

ルート
郡上市八幡町−同白鳥町−同高鷲町−高山市荘川町−白川村−富山県南砺市西赤尾町