才ヶ峠(さいがたお)  58m (2008.4.18) 地図 

島根県浜田市長沢町−浜田市下府町しもこうちょう
島根県浜田市長沢町と浜田市下府町の間にある浜田三次往還の峠である。出典は「定本・島根県の歴史街道」池橋達雄監修からである。

地図で才ヶ峠はあっても、峠がどこかハッキリしない。「定本・島根県の歴史街道」によると石畳があるらしい。神在坂の麓で山陰道と分かれ、国道9号線とオーバーラップしながら登っていったようだ。


浜田三次往還(はまだみよしおうかん)
浜田−有福(ありふく)−市山−日和−中野−出羽
(いずわ)−阿須那(あすな)−直会峠−・・・・・三次
石畳入り口



浜田バイパスの三差路信号から下府町方面へ下る。才ヶ峠のバス亭を過ぎ、カーブを切るあたりに入り口があった。

才ヶ峠バス停 国道からの入り口


この石畳は悪路であったものを文化年間(1804〜17)に三隅竜雲寺の昆山和尚が近所の人を勧進して作ったものだそうだ。今でも緻密に石組みができていて後世に残るものといえよう。

石畳
国道入り口を振り返る


石畳が尽きると峠は近い。峠には立派な民家がある。反対側の斜面にある道路は廃道みたいだし、峠手前にあるのも廃車くさい。仮に現役の車だとしたら、石畳を行き来しないと娑婆へ出られそうにないのだが・・・

石畳が尽きると峠に近づく
峠の民家 峠から・・・



峠から斜めに道を上がると・・・賽の神の祠があった。祠といっても神仏が10体以上も納められた堂々たる収納庫である。収納規模はお堂といってもおかしくないほどである。こんな寂しい場所で蛍光灯が灯されているのはなかなか宗教的である。ここは賽の神を祀る所、すなわち賽ヶ峠=才ヶ峠であったのだ。

賽の神の祠
祠の中の神仏 案内標柱



後でどこが峠だかわからないのでGPSでログを取っておいた。

右側のログの下の旗が石畳入り口、上のところが峠と思われる。
GPSログ(旗の位置は石畳入り口と峠)


才ヶ峠へ | 峠コレクションへ