布川峠 780m (2007.10.13) 地図

長野県大町市布川−大町市八坂(やさか)
野県大町市布川と八坂の間にある県道469号・舟場矢下線の峠である。この峠の読みは「ぬのかわ」か「ふかわ」かわからない。

国道19号線から県道469号線へ入る。
国道19号線から県道へ入る



入り口には何体か石の双体仏が祀られている。横には赤土ポケットパークがある。登っていくと「八坂は金太郎が生まれた里」などと書かれた看板が掲げてあった。民間信仰ではあろうが、真実はわからない・・・

何体か双体仏が祀られている 「八坂は金太郎が生まれた里」の看板



中腹のお堂のあるところでヘアピンカーブを切ると急坂になる。さらに登ると、三峯神社と諏訪神社そして天満宮とどういう取り合わせかわからない額を掲げた真新しい祠があった。

お堂でヘアピンを切る 三社混合の祠



そうこうするうちに峠に到着。ていうか、もともと町村境でもないので、地形で判断しただけだが、峠と思われる場所には長野県の地滑り防止区域という看板があるだけだった。

峠だろう・・・



峠から下っていくと小菅の集落に着いた。さらに下った大塚の集落には八坂中学校があった。さらにアップダウンを繰り返し、昔の八坂村役場(現大町市)から次の沓掛峠へ向かった。

小菅の集落 八坂中


乗越峠へ