覗口峠(のぞくととうげ) 770m (2002.6.8) 2.5万図

富山県南砺市大寺- 南砺市利賀村栃原


富山県南砺市大寺と栃原の間にある峠。

八乙女峠から稜線伝いに栃原峠に行ったあと、庄川側に下りて行く途中に通った峠とのこと。
リンク先のばったさんの情報でゲットしていたことが判明した\(^o^)/

峠から公団作業路八乙女線を辿る。
八乙女峠
栃原峠の石碑と双体仏 稜線のアップダウンを繰り返して栃原峠に到着。
峠からさらに進む。しかし稜線林道なのでどこかで稜線を下りないと帰れない。2本目の分岐点を左へとるとOMサンタの森スキー場へ下りられるらしい。

当時でも今でも地図に表記はないが、このあたりが覗口峠らしい。
   この分岐点の先が覗口峠
しかし、ごっつい下りである。道幅は1車線分だが草付きの中傾斜、さらにUターン多用のクネクネ道。やっぱこれはスキー場の上部にあるので斜面が急なのだ。
前転されたというばったさんには悪いけどこんな道にはMTBが正解(^^;) やっと下に下りてきて他の道との合流点に到達。合流してきた道は何と八乙女林道みたいだね。
OMサンタの森スキー場まで下りてくると久しぶりの舗装路。そのあと綽如上人(しゃくにょ?)の御佛供清水(おんぐぶしょうず)の遺跡を通ってダウンヒル。
国道156号線との合流点はこうなっている。途中長崎大橋と簡保の宿が眺望できる地点があってメチャ格好良かったが、撮り損なったのは悔やまれる。