中屋峠  755m (1999.9.26、2004.8.22) 地図 

岐阜県加茂郡白川町中川−白川町下佐見
昔からある峠道なのだそうだが、広域基幹林道白北線の開通で車でも越えられるようになった。

初めて通ったときは東海北陸自動車道が大雨で崩れた後だったので崖崩れ箇所2ヶ所、生えている木ごと流された地滑り箇所1ヶ所と凄いことになっていて、峠前後のダートも溝が掘れてすさまじい状態であった。峠は切り通しで御岳が遠望できた。
1999年当時の車道峠


5年後にネットのお仲間で走ろうということになり、再訪してみた。入り口付近は覚えているが、道はきれいな舗装路になっていて、当時の記憶が飛んでいることもあって懐かしさは殆どない。

谷沿いの道を登り、最終集落、洞山の辺りにあるループのような屈曲路は凄い勾配になっていて、思わず休憩を取ったほどである。ここらから山に取り付いて勾配を上げていく。
中屋の入り口付近(9:35) 洞山付近の屈曲路(10:00



旧峠の(?)沢を横切る箇所で大休止。きつい勾配に火照った体を冷やすのに良い水場である。

走りを再開し、生えている木ごと流された地滑り箇所のヘアピンカーブを過ぎてしばらく登ると、峠に到着した。
現在の峠(11:00)



至福のダウンヒルで麓付近まで来ると、麓(稲田)へ行く道との分岐点に広域基幹林道白北線の石碑があった。1999年当時既にあったから、見覚えがあった。

佐見川を遡って、鳥屋峠を目指すため、分岐点から麓へ向けて更に下った。
広域基幹林道白北線開通記念碑1999年当時 分岐点の道標(11:15)