松風峠 118m (2005.11.20) 地図

群馬県太田市東金井町−太田市金山町
群馬県太田市東金井町と金山町との間にある県道321号線の峠で、太田市のシンボル金山(かなやま)を乗っ越す峠である。

東金井町側から登りだす。
東金井町



峠にはすぐ到着する。峠からは市内が俯瞰できる。金山じたいが標高235.8mと大した高さでないし、峠はその半分の位置であるから市内を見下ろすというほどのものではない。
峠から太田市を見る



峠にある看板などから調べると、ここは戦国時代にあった金山城へ通ずる城門となっていたものを、太平洋戦後の失対事業として車道を造り、峠にしたものだそうだ。



峠の切り通しは暗く、無味乾燥なコンクリートながらもそれなりの年月を経た風格が備わっていた。

峠から少し下りた所からは金山城址に登る道が分岐していた。
城址への登り口

籾山峠へ