黒ノ峠・黒野峠  536m (2007.11.15) 地図(黒ノ峠)  地図(黒野峠)

和歌山県田辺市愛賀合(あいがお)−田辺市向山(むかいやま)
和歌山県田辺市愛賀合と下川下(しもがわしも)の間にある黒ノ峠と田辺市深谷(ふかたに)と向山の間にある黒野峠の合体した道である。

鮎川から県道221号線を辿り、愛賀合川を遡る。
愛賀合川を遡る



川が途切れたあとも、しばらくすすきの山間を登っていく。道がうねり出して稜線近くまで登る。
すすきの山間を登る



黒ノ峠は黒ノ森山と太尾嶺(ふどんとみね)の間にある鞍部にあり、新しくできた林道で行けたらしい。マピオンの地図でもカシミールの5万図でも峠までは山道表示だった。行ったトコ勝負のつもりだったが、もう少し先へ行ったところから仰ぎ見た尾根に峠があると思ったから、写真の道を探索しなかった。返す返すも悔しい(ToT)
分岐点に道標があり、片面には「鮎川及田邊へ」もう片面には「富里及び熊野」と彫ってあった。

新しい林道との分岐 ここを登ると峠へ行ける
謎の道標



尾根筋の道を進むと無名の峠があった。ここが黒ノ峠と仮定していたが、やはり違っていた(ー_ー) それでも石仏や石碑もあるとぬか喜びしていた(^^ゞ あとは太尾嶺の稜線近くの道をトラバースしながら進んだ。

無名の峠 石仏あり
石仏と石碑 稜線近くの道



そして黒野峠に着いた。深谷側から登ってきたのかどうかわからないが、不動谷林道が峠で合流していた。峠には石仏もあってなかなか長閑な雰囲気だった。

黒野峠 林道が合流している
峠の石仏 林道不動谷線



少し下ると半作嶺の展望が開けた。あとは向山の集落へ下りていった

半作嶺の展望が開ける 向山の集落


地蔵峠へ | 峠コレクションへ