古和峠(こわとうげ)  390m (2001.2.25)

三重県度会郡紀勢町古和河内−度会郡南島町古和浦
紀勢町から南島町古和浦へ越える峠道。

国道42号線の栃ヶ久保から国道を離れる。集落沿いに少し走ると南島町への看板が出ており、峠道へ入る。
道は杉林の中、中傾斜をクネクネと登る。中腹から峠の切り通しが見え、ホッとする。
峠は岩盤を削った風情のある所で賽の神の石碑もある。
峠の南側は樹海という感じの南紀の山林が広がっている。所々で海が見えるが大したことはない。途中、祠に納まったお地蔵さんがあった。