本坂峠(ほんざかとんげ) 328m (2000.1.16)   2.5万図

豊橋市中村−静岡県引佐郡三ヶ日町本坂
江戸時代に浜名湖南端には新居の関所があった。ここで女性を取り締まることと、浜名湖から海への出口が「今切」という忌み言葉であるので、結婚のための移動には東海道を避けて浜名湖北岸を通ることが多かったらしい。そのためこの道を一般に姫街道と称するようになったという。

そして本坂峠は姫街道における一番の難所といわれていた。今でも国道362号線のくせに有料の本坂トンネル、旧の本坂トンネル、旧姫街道の本坂峠という順に険しくなっている。
麓のあたりは石をコンクリートで固めたデコボコ道。さらに登るとホンマの山道になる。そして峠では東海自然歩道が交差している。旧道の乗車率は登り3割程度であるので、旧本坂トンネルの車道で上がって、シングルトラックの旧道を下りてくると、かなり楽しめる道だと思う。